USB

USBって何?

Universal Serial Bus の略です。

今では当たり前になっていますが、USBの無かった時代では、マウス、キーボード、プリンター、カメラ、ハードディスクなどをパソコンに接続するためには、各種別々の専用コネクタがあって、コネクタの無いパソコンにはつなげることができないのであきらめるしかありませんでした。

USBのコネクタの規格と通信仕様にのっとって、ものを作ればなんでもつながるようになったという画期的な仕様です。

また、Plug and Playということができるようになったのも USBのおかげです。

USBが無いころの周辺機器は、パソコンの電源を立ち上げる前につないでおく必要があって、パソコンが起動した後に接続しても、使えませんでした。

今では、起ち上げる前でも、起ち上がった後でも、いつUSBを接続しても大丈夫なようになています。

USBのバージョン

USBの規格には、最初の頃の1.0という規格から、2.0、3.0と、それぞれ新しい規格に変わってきています。

一番新しい3.0という規格のものをつなげるためには、パソコン側も3.0に対応していなければいけません。それぞれハードウェアのレベルで対応が必要になります。

3.0専用のデバイスは、まだまだ少ないので、いまのところ対応していないパソコンでも問題ありませんが、USB 3.0専用のスマートフォンとか登場してくると、対応していないパソコンは使えないことになってしまいます。

USBコネクタの規格

USBの形状にも、いろいろあって、Type B、Type A、Type C 等があります。

一番新しいのがType Cです。

USBは、下位互換性があるので、パソコン側に Type Cのコネクタがなくても、Type C とパソコン側のコネクタを接続するケーブルを用意すれば、Type Cのスマートフォンとも通信できますので安心してください。

しかし、Type Cでは、いままでよりも速い通信ができたり、電源がいっぱい流せたりするので、パソコン側がType Cに対応していると、Type C のケーブルで、モニタを接続できたり、接続した外付けのハードディスクを速く読み出せたりできてしまいます。

これから、どんどん Type C対応製品がでてくると思うので、これから購入する方は、Type C対応製品を選んだ方が良いです。