Microsoft マイクロソフトのおすすめノートパソコン

2019年2月20日

本日、ヨドバシカメラでずっと触ってました。

ノートパソコンでは無いかな。タブレットにキーボードがくっついている形をしています。

良くできています。

Tabletにキーボードを繋いで利用してみたことはありますが、これはそのレベルとは違いますね。

どちらかというと、ノートパソコンそのものの操作感があります。タブレットとは違いますね。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

サイズの割に画面が小さく感じるのは、画面周りの額縁の厚さのせいだとは思いますが、キーボードを外してもちあるくことも想定されているので、縁がないと画面触ってしまうので、困るのかもしれませんね。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

デザインが非常にオシャレで、最近の大学生がもってはずかしくない感じです。(すみません、若い人の気持ちわかってません)

スターバックスで使って、かっこいい学生さんを演出できそうなイメージは感じれます。

Microsoft製パソコンの良いところ

なんといっても、Microsoftです。Windows 10をつくっているところですので、SurfaceでWindowsの問題がでないという安心感が抜群だと思います。

Windows 10は、Surfaceのために作っているのでは無いかと思うくらいです。

Surface Pro 6

とりあえず、レポートを書いたり、メールを読んだり、インターネットで動画をみたりするのには、まったく問題ない性能に思えました。性能良すぎかな。

画面

画面解像度が、12.3” PixelSense™ ディスプレイ、解像度 2736 x 1824 です。

iPad Pro 12.9の解像度が、2,732 x 2,048 ですので、かなり意識したハードウェアですね。ほぼ同等です。

Mini Display portもついていますので、自宅に帰ったら、モニタに繋いで二画面での表示もできます。

USB Type C じゃないのが、少し残念な気はします。

キーボード、マウス別売り

キーボードは標準ではなく別売りです。

既にBluetoothキーボードとマウスをもっているなら、買わない選択もできます。

重さ

800gを切っているので、非常に持ち運ぶのに苦痛じゃないですね。

週刊少年ジャンプが700gくらいなので、それくらい。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

高校を卒業する息子へと思って、眺めていたのですが、サラリーマンの私が欲しくなりました。